町田ヒルズハウスプロジェクト 町田小山ヶ丘で暮らし続けるしくみをつくる会

第5回
町田小山ヶ丘で暮らし続けるしくみをつくる会の様子

新しい住まいの形、コミュニティづくりを一緒に考えませんか

第5回の「町田小山ヶ丘で暮らし続けるしくみをつくる会」では、町田小山ヶ丘地域の住民の方から、地域の様子や魅力について語っていただき、町田小山ヶ丘地区での暮らしのイメージを深める会となりました。

第5回「町田小山ヶ丘で暮らし続けるしくみをつくる会」を開催。

開催日
2015年5月29日(金)
時間
14時~16時
参加者
46名
プログラム
・町田ヒルズハウスコンセプト
・第4回つくる会で話し合ったことのまとめ報告
・中村町内会、浅見さんに聞く町田小山ヶ丘の話

町田小山ヶ丘ってどんな地域?

緑豊かな環境と地域活動が活発な地域

小山という地名は、この町田ヒルズハウスプロジェクトの計画地から南西に見える大山の阿夫利神社にお参りすることを称えて、大山に対して小山というふうに名づけられたと言われています。

立地の特徴は、緑豊かな場所が多く、道路幅が約10mある尾根緑道があり、サイクリング、ジョギング、散歩コースになっています。

近くに小山内裏公園があり、尾根緑道から道がいくつも枝分かれして、色々なルートを通って公園に行くことができるのも魅力です。

この地域は、約20年前に多摩境駅ができてから、急に人口が増えた地域です。当時から2.5倍、現在32,000人の方々が、小山ヶ丘、小山地区に暮らしています。

若い人中心にどんどん人口が伸び、7、8年前には1校しかなかった小学校も、それが今では3校に増えています。

私は平成16年秋から、町田小山地区中村に住んでいます。

中村地区の一番のイベントが夏祭りで、ほとんど住民の手作りで行われています。神輿を担いで、神輿連に入っていますが、今から35年前くらいに作られた神輿は全て手づくりで、おそらく購入すると何百万円というのを、全て地域の方々の職人さんたちが寄り集まって作りました。

最近では、シャッター商店街が増えたり、自治会町内会の活動も縮小もしくは消滅という地域も多いですが、この地区は人が増えているということだけでなく、昔から住んでいる人、新しく越されてきた人、参加しやすい集まりがどんどん膨らんでいく地域であり、おそらく今の日本で珍しいのではないかと思います。

また退職された方々がこの地域の中でも中心となって活躍されており、例えば仲間内で畑を借りて耕す方々やスポーツのサークルをつくったりされている方々がたくさんいます。

畑を耕してる方などは、たまに私の家の玄関先に収穫された野菜をポンと何も言わず置いといてくださる、そんなコミュニティがあるところです。

お蕎麦などを作っている方は、年1回蕎麦祭りを皆でやっています。

都会のように便利の良い所ではありませんが、この地にしっかり根を張り、どうやって暮らしていくのか生きていくのかを、ご自分で考えるような方なら、楽しいところではないかなと思います。

浅見和宏(あさみかずひろ)さん 町田病院事務次長、町田小山ヶ丘在住

尾根緑道毎年さくら祭りが開催される

「サービス付き高齢者向け住宅」と「カレッジリンク」に関心大!
アンケート集計速報をお届けします。

第5回「町田小山ヶ丘で暮らし続けるしくみをつくる会」を開催。

◆参加されたのは、70代前半の方がもっとも多く、次いで70代後半の方。7割が女性お一人でのご参加でした。

◆つくる会に参加された理由は、「サービス付き高齢者住宅に関心がある」「大学連携(カレッジリンク)、学びに関心がある」がもっとも多く、これから先の人生、もしも具合が悪くなったときのことも心配だけれど、現在は新しいことを学んだり好きな活動もしたいという、お元気な方々の志向がうかがえます。

◆つくる会で企画してほしいテーマは、1位「医療や介護の問題」、2位「入居時や毎月の費用」と並びました。

◆町田小山ケ丘で暮らしたときにやりたいことは、地域交流、生涯学習、何か教えたい、ガーデニング、子どもたちや多世代と楽しみたいなど、さまざまな意見が出されました。
将来の介護問題も心配だけれど、いまを楽しみたい皆さんの姿勢が感じられます。

アンケート結果PDF 詳しいアンケート結果はこちらのPDFをご覧ください

第5回を終えて

「町田つくる会」の後にはスタッフで必ず反省会を開くのですが、会合の最後の質疑応答で出た「同じ敷地に学生寮があるとうるさいのではないか?」についてちょっと議論になりました。その際、スタッフの一人が「学生がうるさいか、うるさくないかではなく、学生がうるさい時に他の住民が『ちょっと静かにして』と気軽に言える関係性をつくることが大切」と。それがコミュニティだよね、と。町田つくる会では、皆さんと共に考える場づくりを目指しています。

スケジュール

桜美林ガーデンヒルズオープン記念 ランチ付見学会

【日時】
4月26日(水)
5月13日(土)
5月25日(木)
6月6日(火)
6月25日(日)
【集合】
11時50分 JR横浜線「淵野辺駅」改札口 
*淵野辺駅から現地までは神奈川中央交通の路線バスを利用します。(交通費実費)

【お申込み・お問い合わせ】
■桜美林ガーデンヒルズ
0120-703-706(受付時間9:00~18:00 土日祝日のお電話も承ります)
■高齢者住宅情報センター
0120-352-350(受付時間月~金10:00~17:00 土日祝日はお休みです)

桜美林ガーデンヒルズから見える風景

桜美林ガーデンヒルズから見える風景

尾根緑道

尾根緑道

建設中の現場北側高台を歩く

建設中の現場北側高台を歩く

工事中現場を見学

工事中現場を見学

南側から見たD棟とA棟

南側から見たD棟とA棟

模型を見ながら説明会

模型を見ながら説明会

桜美林大学訪問記

  • 桜美林大学訪問記・CN協会広報室編

つくる会レポート

開催中の「町田小山ヶ丘で暮らし続けるしくみをつくる会」各回のレポートです。
毎回様々なテーマのもと、たくさんの皆さんにご参加いただき、その魅力についてディスカッションしています。

  • 第1回町田小山ヶ丘で暮らし続けるしくみをつくる会の様子
  • 第2回町田小山ヶ丘で暮らし続けるしくみをつくる会の様子
  • 第3回町田小山ヶ丘で暮らし続けるしくみをつくる会の様子
  • 第4回町田小山ヶ丘で暮らし続けるしくみをつくる会の様子
  • 第5回町田小山ヶ丘で暮らし続けるしくみをつくる会の様子
  • 第6回町田小山ヶ丘で暮らし続けるしくみをつくる会の様子
  • 第7回町田小山ヶ丘で暮らし続けるしくみをつくる会の様子

Copyright ©2012 Institute of Community Association Network LTD. All rights reserved.

ページの先頭へ
一般社団法人コミュニティネットワーク協会
電話でのお問い合わせ0120-352-350/インターネットからお問い合わせ